本はこうして高く売れ!本買取情報まとめ

Pocket

まず、買い取ってくれる店には、得意分野と不得意分野があり、漫画が得意なところや専門書が得意なところなど様々です。ですから、自分の売りたい本の種類によって売却する店を検討します。そうしないと、価格を査定する人がその本の価値を知らずに査定することもあり、適正価格が付かなくなってしまいます。買取業者を探す際には、例えばインターネットで「漫画買取」などと検索すると出てきます。たいていは、査定を行ってから、売却側が売却するかを決定しますので、納得できない価格が呈示されれば、売却を辞退することもできます。なかには、店舗に持ち込まないでも、インターネットで書名やISBNコードを入力すれば、査定を行ってくれるところもあります。これを利用して査定価格を比較することも一つの手です。原則として、本の出版日と売却する日が近いほど高値が付きますので、早めに買取業者に持ち込むほうが有利です。もっとも、学術書などは、古くても価値があり、高く売れるものもあります。本に書き込みがある場合、消せるものは消しゴムなどで消したほうが良いですが、このとき印刷している文字まで消さないように注意が必要です。表紙の汚れは、布巾などで本自体を傷つけないように拭くと良いです。また、本についていたカバーや帯、おまけなどが残っているときは、一緒に付けて売った方が高く売れます。以上をまとめると、高値が付くためには、買い取ってくれる店の検討、出版日に注意する、書き込みや汚れを落とす、付属品を付ける、ということが大切です。