洋書買取の際に知っておきたい3つのこと

Pocket

古本を取り扱う店舗では、漫画や雑誌、専門書、小説などを買取しています。日本の作品だけだはなく、洋書を取り扱う店舗もあります。洋書は、外国の方はもちろん、英語を学びたい日本人にも需要があります。洋書を買取に出す時のポイントの一つは、本の話題性や人気度です。日本でも、映画やドラマ実写化が決まった後に原作が注目されることがよくあります。話題性がある作品は、需要も増えますので、人気が続いている間に売りに出し、高価な値段をつけてもらいましょう。買取強化をしている作品名をインターネットなどで提示している業者もありますので、自宅に眠ったままの本を照らし合わせて確認してみてください。二つ目のポイントは、どこに査定を依頼するかです。洋物の書籍を多く取り扱う専門店や、インターネット店舗の場合、一般的な業者より高く買い取りを行ってくれます。また、インターネット店舗なら、自宅から業者へ宅配便一つで送ることができるので、持ち運びの手間や負担がありません。そして、ポイント三つ目は、売りに出そうとしている作品の外装や、中身の使用度です。カバーの有無、汚れや日焼けあとの程度で、査定金額にも差が現れます。購入した際に、すぐにブックカバーを付けたり、清潔な手でページをめくるようにすれば、きれいな状態がキープされ、いざ売ろうとする時に高価査定の期待ができます。将来的には売ることも視野に入れ、大切に扱うことが、読書家として賢い技となります。